【ペットの供養】49日(四十九日)法要は必要?考え方を紹介

故人を偲び、供養するために行う法要には決まった日があります。

「初七日」や「49日」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、主に亡くなった日を含んだ7日目から7日ごとに、故人があの世へ旅立つとされている49日まで行います。このような日を忌日(きにち)とよびます。

一般的には初七日と49日法要のみを済ます方が多いようです。

人間は亡くなった時にこのような法要がありますが、ペットはどうなのでしょうか?
可愛がっていたペットが亡くなった時は、手厚く葬ってあげたいと思いますよね。

ペットにも人間と同じような法要があるのか。
あるとしたらどんな風に行ったら良いのか。

など、ペットの葬儀に関してまだまだわからないことがいっぱいです。

そこでこの記事では、ペットの49日法要について調べました。ペットを供養してあげたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

49日とは?

カレンダー

仏教の考え方として、人は亡くなった日から7日目に三途の川のほとりに辿り着くと考えられています。いわゆる初七日がここに当てはまります。

そこで番人が故人の生前の行いを振り返って、橋を渡るか、激流の中を泳いで渡るのかを決めるのだそうです。これはペットで言うところの「虹の橋」のたもとでしょうか。

この間、故人の魂はあの世とこの世を行ったり来たりしているとされ、49日目を迎えた日に完全にあの世へ旅立っていくといわれています。
そのため49日目に納骨をし、法要を行うことで故人を供養するのです。

ペットの葬儀、納骨について

遺骨

ペットがただのペットではなく、伴侶動物(コンパニオンアニマル)として存在するようになってから、ペットに対する意識が変わっていきました。さまざまなペット用品が開発され、ペットと泊まれる宿が増え、獣医療の発展といった背景には、人とペットの絆が月日とともに深まっている事実があります。

家族同然のペットですから、亡くなった後もきちんと供養してあげたいと思うのは当然です。その流れで、今ではペット霊園を選択する人たちがいます。ペット霊園では、人間が亡くなった時と同じように葬儀を行うことができます。その後火葬を済ませ、納骨をする方が多いようです。

まずは主な葬儀の流れから見ていきましょう。

ペットが亡くなったら…

  1. ペットの葬儀屋へ連絡
  2. 葬儀
  3. 火葬
  4. 納骨

流れだけを見ると、人間のお葬式と同じですね。

納骨についてはさまざまな方法があり、飼い主が望む形を選ぶことができます。方法としておおまかに以下のような選択肢があります。

  • 霊園の合同碑に納骨する
  • 個別の墓地に安置する
  • 自宅へ持って帰る

霊園の合同碑に納骨する

ペット霊園の敷地内にある合同碑(共同墓地)に納骨をする方法です。そこがペットのお墓になりますので、お花を添えたり、おやつを備えたりすることができます。

「個別に墓地を持つ余裕がないけれど供養は行いたい」
「天国で他のペットたちと友達になれるように」

といった考えから、合同碑を選ぶ方がいます。

個別の墓地に安置する

納骨堂は棚のような作りになっているものや、施錠できるロッカー式のものなどがあり、そこに納骨することで個別のお墓をもつことができます。

自宅へ持って帰る

遺骨の入った骨壺を自宅へ持ち帰り、そのまま置いておくという方もいます。寂しさやペットがかわいそうだという思いから、手元に置いておきたいと考える気持ちはおかしなことではありません。

ただ、自宅で骨壺を保管する場合、湿気が多すぎる場所だとカビてしまうこともあるので、注意が必要になります。

また、きちんと供養するには埋葬や納骨をした方が良いという考えを持つ方もいます。しかし頭ではわかっていても心が追い付かないこともあるでしょう。誰かに言われたからではなく、自分に合った供養の方法を選ぶのが1番だと思います。

ペットの納骨はいつ行うべき?

火葬を終えた遺骨をどのタイミングで納骨するのかは、飼い主に委ねられています。

そのままお墓に納骨する人もいれば、納骨せずに自宅供養を選ぶ方もいます。それぞれ思いや事情がありますので、「絶対的にこうしなければならない」という決まりはありません。すぐに納骨を済ませることで気持ちの整理をつけられる人もいれば、時間が必要な人もいます。

ペットが亡くなってから葬儀までは忙しいことが多いです。犬や血統書を持つペットを飼っていた場合、届けが必要になりますし、どこで葬儀するか、どんなプランを選ぶかなど、落ち着いてはいられません。そうやってせわしなく過ごすことで、悲しみが和らぐこともあります。

しかしひと段落ついて落ち着いた時、ふとペットがいなくなった事実が現実味を帯びてきて、また悲しみがぶり返してしまうこともあるでしょう。そこで多くの人たちが選んでいるのは、火葬後に遺骨を持ち帰り、49日目に納骨をするという方法です。

ペットとの別れを受け入れる時間

初七日で三途の川に辿り着き、49日目で旅立っていくという話をしました。相手がペットだったとしても、大切な家族の一員なら人と同じように供養することに何の問題もありません。

そもそも亡くなってから49日目までの時間は、故人との別れを受け入れていく時間なのです。ペットの遺骨をそばに置き、生前の姿を思い返しながらともに過ごし、徐々に心の整理をつけていくためにあると思っています。

ペット霊園などでも、納骨までは家族と一緒に過ごしてほしいという考えから、49日目の納骨を薦めているところもあります。

49日目の過ごし方

ペットの遺骨を納骨する日、49日目はペットがこの世から旅立つ日です。ペット霊園に納骨する場合、お花やお水、好きだったおやつなどを備えてあげると良いでしょう。希望により個別でお経をあげてもらえることもあります。人間の話では、この日を境に喪が明けて、通常の生活に戻っていくといいます。

とはいえ、49日を過ぎても悲しみが癒えないという場合もあるでしょう。そういう時は、ペットとの別れの時間を延ばしても良いのではないでしょうか。

亡くなった日から数えて100日目にあたる百か日は、悲しみに区切りをつける日とされていて、この日に法要を行うこともあります。またちょうど1周忌にあたる日に納骨するというケースも。

49日目というのはあくまで人間の慣習にならったものですから、飼い主がきちんと別れを告げられるようになるまで、遺骨を自宅で保管しても良いのだと思います。

ペットとの別れを受け入れる、そのための区切りとして忌日(49日)を選ぶ。そんな捉え方が、今では自然なのかもしれません。