【失敗しない】参列者向けのペット火葬の服装の考えと注意点

知人のペットが亡くなり葬儀に呼ばれたものの、どんな服を着ていくべきか悩んでいませんか?

人の葬儀と異なり、犬や猫のペット火葬・葬儀のルールに決まりはなく不安になりがちです。喪服のような黒い目立たない格好で行けば飼い主に失礼にあたることはないですが、堅すぎて少し浮いてしまうかもしれません。一方、Tシャツなどの私服で行けば、飼い主から嫌な顔をされてしまうかもしれません。

そこで今回は、参列者向けにおすすめのペット火葬・葬儀の服装について紹介します。火葬や葬儀に参列する前の参考になれば幸いです。

「マイペットセレモニー」の考え
弊社「マイペットセレモニー」としては、喪服ではなく私服での参列を推奨しています。ペットの火葬・葬儀は大々的に行うものではなく、家族でこじんまりと行うことがほとんどだからです。実際、利用者の方は私服で参列される方がほとんどです。お客様の声から当日の雰囲気をつかむこともできると思いますので、そちらもあわせてご確認ください。

《まずは…》 ペット火葬に参列する時の服装を考える

ペットの火葬について詳しく知っている方は少ないですよね。みなさんはペットの火葬の際の服装についてどのような考えをお持ちなのでしょうか。普段から着るような服でも良いという考えの方や喪服の方の考えをそれぞれを見てみましょう。

ペットの火葬に普段着で参列する方の考え

ボーダーの普段着

葬儀と聞くと一般的には、喪服を着ることが常識ですよね。人間の葬儀の場合は、普段着るような服装で出席すれば周囲から非難を浴びるでしょう。最悪の場合は、人間関係を壊してしまうこともあります。

ですが、ペットの葬儀となると、普段着るような服で出席するか、喪服で出席するかを迷う方が多いです。

ペットの葬儀というのは、なかなか馴染みがないというのが理由として挙げられるのではないでしょうか。「ペットの葬儀は初めて耳にした」「そもそもペットの葬儀がどのようなものかわからない」と思う方が多くいらっしゃいます。

葬儀の会場がどのような場所なのか、呼ばれたはいいもののどんなことを行うのか馴染みがない方が多いため、参列する際の服装を決めかねる原因となります。

ペットの葬儀に呼ばれた際に身内で集まるようなささやかでこじんまりとした葬儀を想像して、普段着るような服装で駆けつけてしまったというケースもあります。

また、喪服を着て大袈裟だと思われたくないという気持ちで、普段から着るような服装で参列してしまったという方は多くいらっしゃいます。

飼い主からしたらペットはわが子のように大切な存在であったとしても、ペットを飼っていない方からしたら動物の葬儀に対して喪服を着ていくことに抵抗があったり、周囲から浮いてしまったりするのではないかと不安に思い普段着るような服装を選んでしまうのです。

このことから普段着るような服装でペットの葬儀に参列する選択肢を選ぶ方は珍しくありません。

ペットの火葬に普段着で参列する方の考え

上記では、ペットの葬儀は普段から着るような服で参列する方の考えをご紹介しましたが、そのような行為はお勧めできるものではありません。

なぜなら、飼い主やその家族から大顰蹙を買ってしまう可能性が高いと言えるからです。飼い主からすれば、ペットはわが子のような大切な家族の一員です。その家族の死を悲しんで心をいためているため、ペットの葬儀を行いたいという心理で葬儀を上げることを考えるでしょう。

そのペットの葬儀に、飼い主は人間の葬儀と同様の服装の喪服で出席していることが多いと考えられます。そのような中で普段着るような服で出席してしまうと、ふさわしくない服装ということで浮いてしまうと考えられます。

ペットの葬儀のやり方は様々で自宅でこじんまりと行うものから、葬儀会場を貸し切って行う大きなものまであります。また、ペット専門の葬儀会場はなかなか存在しないため、葬儀会場を貸し切るとなると人間の葬儀会場と同じような場所で行うことになります。

そうなると、葬儀に参列する方が多く、ほとんどの参列者が喪服を着ています。普段着るような服装で葬儀会場へ行ってしまうと葬儀会場で浮いてしまうのです。そのようなことになれば、自分自身が恥ずかし思いをするだけでなく、ペットの飼い主にまで迷惑をかけてしまうのです。

《次に…》 喪服を着て参列する場合の注意点

喪服
ペットの葬儀に参列する際は、喪服を着ていくことで周囲の方とのトラブルを回避できます。しかし、いくつか注意点がありますので、ご紹介します。

注意点①:黒ベースの服装でもOK

亡くなったペットの飼い主ではない方やペットを飼っていない方からすれば、ペットの葬儀へ喪服を着て参列する感覚は違和感を覚えるのではないでしょうか。また、「変ではないか」や「大袈裟なのでは」と周りの目を気にしてしまうこともあるのではないでしょうか。

その際におすすめしたいのが喪服ではなく黒を基調とした服装を着ていくことです。男女問わず黒いスーツスタイルなら少なくとも家に1着はお持ちのことでしょう。

または、黒いワンピースや黒いストッキング、黒いジャケットなどもクローゼットに入っているのではないでしょうか。

喪服は少し大げさすぎるなと考える方には、これらの黒ベースの服装ならば違和感なく受け入れられるのではないでしょうか。葬儀に参列する際に悪目立ちすることなく、ふさわしい服装で参列することができます。

ペットの葬儀は人間の葬儀の基本的なマナーと同じです。そのため、最低限のマナーを守りつつ黒ベースの服装をするようにしましょう。

注意点②:目立たない服装を心がける

ブラウスを着用するときは透けていないかチェックしてフリルなどが付いているものは避けましょう。

動物の皮や毛皮を使用している服装は控えるようにしましょう。殺生を連想する服装はペットの葬式にはふさわしくありません。

露出は出来るだけしないようにしましょう。また、靴には金属の付属が無い物を着用するようにしましょう。

モノトーンや地味な服装の方がペットの葬儀にはふさわしいです。そのため、明るい色のリボンやバレッタ等髪飾りは避けましょう。

注意点③:きらびやかなアクセサリーは外す

また、ゴールドの時計、ブレスレット、おしゃれアクセサリーは外し結婚指輪程度にしましょう。メイクは濃い物はNGです。ナチュラルなメイクにして髪はシンプルに束ねて付属品のない黒いゴムや黒いピンなど使用しましょう。

パールネックレスですが2連の物は重なることを避けた方がいい弔事では避けましょう。また、香水は付けないようにしましょう。殺傷を連想させる光沢があるものは身に付けないようにしましょう。

バッグは出来るだけショルダーバックは避けて黒色のものを使用するようにしましょう。会社帰り等の止むを得ない場合は仕方ありません。参列する際は必ず肩から外して手に持ち、紐を見えないようにしたり結んでおくよう工夫しましょう。

注意点④:子供や乳幼児の服装も地味めな色で

子供がいる場合は、制服を着用すれば問題ありません。制服が無いときは白のブラウスや白シャツ、ブレザー、無地のグレーや紺、黒のスカートをはかせるようにしましょう。

新生児や乳幼児の服装としては白色がふさわしいです。手に入るようでしたら、グレーや黒、モノトーンなどの服装にしましょう。無いようでしたら、パステルな水色やベージュなどの自然な色を選ぶようにしてください。

注意点⑤:スマートフォンや携帯電話の電源は切っておく

葬儀中はスマートフォンや携帯電話の着信音が鳴らないようにサイレントモードにしておくようにしましょう。

《最後に…》 人間の葬儀と同じ気持ちで望んでも良い

ペットの遺骨
ペットの葬儀は、人間の葬儀とは異なり、専門的に書かれた本が数少ないです。そのためマナーに困る方が多いです。可能であれば参列する前に飼い主にマナーについて聞いておくと、初めて参列する方や周囲の方々が不快な思いをすることなく葬儀をすることができます。

ペットの葬儀で喪服では大袈裟すぎるなと、感じる方は黒を基調とした服装で参列することをおすすめします。ペットの葬儀はおしゃれを楽しむ場所ではありません。

革や毛皮、エナメル素材、リボン、結婚指輪以外の装飾品など光沢があるものや殺生を連想させるものは決して身に付けてはいけません。

また、女性であればお化粧は薄めでナチュラルに仕上げるようにしましょう。肌の露出は出来るだけ控えたり、ブラウスやワイシャツが透けていないかもチェックしましょう。

若い方より年配の方の方がマナーに厳しい考えを持っていることが多いです。そのため、ペットの葬儀の最低限のマナーは人間の葬儀と同じと考えていても問題ありません。

葬儀のマナーをわかっていない方は、ご家庭に1冊、マナー本を用意しておくことをオススメします。マナーを知らないが故に恥をかいてしまうことや、人間関係に溝を作ってしまったり、他の方を傷つけることもあります。

飼い主にとってペットは家族の一員で、愛情を持って接してきたからこそ亡くなってしまった心の傷は大きく深い物です。

亡くなったペットへの今までの感謝の気持ちと飼い主の方がペットロスにならないよう支える気持ちはもちろん大事ですが、葬儀に参列するとなるとまずはマナーをきちんとすることが重要になってきます