ペット火葬の種類とは?選び方もあわせて徹底解説!

大切なペットが亡くなってしまったとき、ただただ悲しくて何もやる気が起きないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。楽しい時間を一緒に過ごしたパートナーだからこそ、後悔しないように送ってあげたいですね。今回は火葬の種類について分かりやすくまとめました。

ペットの火葬が一般的な理由

日本でペットが亡くなった場合は、全国的にも火葬を行うのが一般的です。自治体によっては専用の施設を備えているところもありますが、合同葬になってしまうため大切なパートナーとのお別れを十分にすることができません。そこで多くの方は、マイペットセレモニーのような訪問タイプの火葬方法を選択することが多いようです。

ペットの火葬の種類

横たわるペットと飼い主
それではペットの火葬の種類をみてみましょう。ペットの火葬は大きく分けると、スタッフがご自宅まで伺う訪問タイプと、斎場で行うタイプがあります。ここでは訪問タイプとしてマイペットセレモニーの例を交えてご紹介します。マイペットセレモニーでは、「家族立会葬」「個別一任葬」「引き取り葬」と3つの火葬方法を用意しています。

マイペットセレモニーは「訪問タイプ」

マイペットセレモニーではペット専用の移動火葬車でご自宅までお伺いし、飼い主様のご自宅の敷地内、あるいは近隣のご希望の場所で火葬を行います。火葬車は無煙無臭ですのでご安心ください。

プラン①:家族立会葬

まず、ご葬儀の手順などを説明させていただき納棺の儀式を行います。このときお棺にお手向けの品を入れることができますので、予め用意しておかれるとペットたちも寂しくないのではないでしょうか。マイペットッセレモニーからも心を込めて、「お水」「クッキー」「数珠」「折り鶴」などのお手向けのお品を添えさせていただいております。

ありがとうのクッキー
続いてお線香をあげ、りんを鳴らしてご出棺となります。ペットとの最後のお別れとなりますので、安らかに天国へ旅立てるよう、今までの感謝の気持ちを込めて送ってあげましょう。このように近くで手厚く送れることが、皆様が家族立会葬を選ばれる最大の理由です。

お別れのセレモニーの後火葬が行われ、お骨上げ・納骨・返骨となります。マイペットッセレモニーの家族立会葬では、スタッフからの心からのご供養の気持ちとして無料オプションをお付けしています。詳しくは「プランと葬儀の流れ」をご覧ください。

家族立会葬は、ご自宅に伺ってから概ね3~4時間で、ご葬儀と火葬、返骨まで行えます。そのため、亡くなってからも常にペットの近くにいたいという愛情深い飼い主の方が多くご利用になられるようです。

プラン②:個別一任葬

スタッフがペットをお預かりし、ご火葬の後、お骨を骨壺に納めてお返しするのが個別一任葬です。家族立会葬と異るところは、セレモニーがなく、ペットとのお別れの時間が少ないことです。

もちろん飼い主様のご事情もありますので、お別れの時間が少ないからと言って、ペットが天国へ旅立てないことはありません。マイペットッセレモニーのスタッフが心を込めてご火葬いたします。

プラン③:引き取り葬

スタッフがお骨をお預かりし自社で火葬を行い、そのあと返骨させていただくのが引き取り葬です。ペットが一旦手元から離れてしまうことや返骨が郵送になることなど、飼い主様にとってはやや悲しいことが多いかもしれません。

マイペットッセレモニーの引き取り葬は、家族立会葬や個別一任葬に比べて費用が抑えられているため、ペットをたくさん飼っている方などにご利用いただくことがあります。

ペットを持ち運ぶ「斎場タイプ」

マイペットセレモニーであれば、引き取り葬を選ぶと斎場で行う火葬とほとんど変わりがありません。火葬のセレモニーに立ち会われる人が多い場合を除いて、斎場を選ぶ理由はあまりないと言っても良いでしょう。

訪問タイプの家族立会葬などと比べても利用料金が高いことや、ご自身で斎場までペットを運ばなければならないことを考えると、斎場での火葬はあまりおすすめできません。また、基本的に他の動物たちと合同葬(合同火葬)となるため、お骨を返してもらえないことが多いようです。

火葬方法を選ぶときの3つのポイント

火葬方法を選ぶ3つのポイント

それでは、訪問タイプの「家族立会葬」「個別一任葬」「引き取り葬」や、斎場で行うタイプ、それぞれの火葬方法を選ぶときにはどのようなポイントがあるでしょうか。ここではそのポイントを3つにまとめました。

ポイント①:火葬への立会い

訪問タイプの家族立会葬や斎場で行うタイプなら立ち会うことが可能です。やはり最後のお別れは斎場ではなく、一緒に過ごしてきた自宅で行いたいと考える方が多いこともあって、マイペットセレモニーでは、家族立会葬のお申込みが多くなっております。お別れのセレモニーにある程度自由度があり、希望に沿うかたちで火葬が行えるのも斎場にはない特徴です。

ポイント②:お骨の保管方法

マイペットセレモニーの家族立会葬や個別一任葬では、ご葬儀・ご火葬の当日に返骨致します。また、引き取り葬では後日郵送で返骨致します。斎場では合同火葬となることが多いので、お骨をお手元で保管することはできません。そのため、亡くなった後もペットと近くで過ごしたい方は、斎場での火葬をためらわれることが多いようです。

ポイント③:火葬までの時間

ほとんどの場合、斎場で火葬を行うためには事前予約が必要となるようです。ペットが亡くなる日付は前もって分からないため、そうなってから斎場を確保するのは困難なこともあり、遺体の状態を保つという意味からも推奨されません。マイペットセレモニーでは、ご依頼後迅速に火葬まで執り行えるよう全力で対応致します。

死後すぐに始まる遺体の腐敗
遺体の腐敗は死後すぐに始まります。季節にもよりますが、何もしないでおくと腐敗臭が生じてしまうことがありますのでご注意ください。ペットが亡くなった直後の対応方法は、以下のページに記載しております。

ペットを供養する方法を徹底解説!葬儀プランの詳細もあわせて紹介

2017.09.03

火葬を依頼する会社を選ぶ3つのポイント

火葬する会社を選ぶ3つのポイント

ペットの葬祭を扱う会社へ初めて依頼する際はご心配も多いのではないでしょうか。そこで最後に、ペットの火葬を扱う会社を選ぶポイントをまとめました。しっかり読んで、大切なペットを安らかに送ってあげてください。

ポイント①:評判をチェックする

お客様の中には、「業者に騙されてしまうのではないか」という不安を持っている方もおられるかもしれません。そのようなときは、インターネットなどでその会社の評判を確認されてはいかがでしょうか。ご友人などに直接尋ねてみても良いでしょう。マイペットセレモニーを利用した「お客様の声」も掲載しております。あわせてご覧ください。

ポイント②:内容を良く確認する

ホームページなどで、火葬方法や手順などをよく確認されることをおすすめします。気になることはお問い合わせフォームなどから質問してみましょう。マイペットセレモニーでは、「家族立会葬」「個別一任葬」「引き取り葬」について、それぞれ詳しくご紹介させていただいております。

ポイント③:見積もりをしてもらう

内容に納得がいったら見積もりをしてもらうこともお忘れなく。後でいろいろをオプションを勧めれれても必要なければお断りすることが肝要です。ホームページで明朗な料金設定になっている葬儀会社なら安心できるのではないでしょうか。

ペットと飼い主さんに合った、悔いのない火葬の種類を選ぶ。

今回は、大事なパートナーであるペットを安らかに送ってあげるために、火葬の種類についてまとめました。多くの方が訪問タイプを選ぶ理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。かわいいペットたちがいつまでも笑顔でいられるように、最後のときも悔いのない方法をお選びください。